HOME > 眼瞼下垂について

眼瞼下垂について

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、まぶた(眼瞼)が垂れ下がっている(下垂)症状を言います。
瞼は正常の状態では、瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼拳筋・ミューラー筋)により瞼板が拳上される仕組みとなっています。
この一連の流れが支障をきたすと、瞼が上手く持ち上がらず、瞼が垂れ下がった状態となってしまいます。
また、その他の理由として、眼瞼皮膚の弛緩により、垂れ下がるケースもあります。

瞼の構造と筋肉の役割

  • 眼輪筋:眼の周囲全体を覆う筋肉。眼を閉じる動作において主に働いています。
  • 眼瞼拳筋:筋肉の収縮を利用して、眼の開閉をコントロールします。眼瞼拳筋にはミューラー筋という筋肉も含まれています。
  • 拳筋腱膜:瞼板と眼瞼拳筋を結合している部分。この結合が弛緩したり、剥がれてしまうと眼瞼下垂となります。
  • 眼窩脂肪:外部からの衝撃を保護する役割を果たします。

眼瞼下垂の症状

瞼をきちんと上げることが困難になる為、無意識に前頭筋(おでこの筋肉)を使って瞼を上げる手助けにしようとします。その為、まゆげの位置が上がり、おでこにしわが寄ります。それでも視野が狭い場合にはあごを上げて下の方を見るようになります。眼精疲労や頭痛、肩こりの原因になるとも言われています。
瞼を上げ下げする筋肉の末端の膜(上眼瞼挙筋腱膜)は二重瞼を作る膜でもあるので、眼瞼下垂が生じてくると、二重の幅が広くなってきたり三重まぶたになってきたりします。
後天性眼瞼下垂の一部には複視(ものが二重に見える)を伴うものもあり、しっかりとした診断と治療を受ける必要があります。

眼瞼下垂の原因

原因は先天性、後天性の二つに分けられます。

先天性:

  • 筋肉や神経の不全等が理由で起こる。(遺伝的な要因もあるとされています)
     

後天性:

  • 加齢による皮膚の弛緩で眼瞼皮膚が垂れ下がる。(老人性眼瞼下垂・眼瞼皮膚弛緩症)
  • 加齢による筋力低下(眼瞼拳筋・ミューラー筋)で、瞼が持ち上がらない。
  • 眼の酷使やアレルギー疾患等の影響により瞼を擦ってしまい、筋肉と瞼板の付着に緩みが生じる。(腱膜性眼瞼下垂)
  • コンタクトレンズの度重なる着脱行為により、筋肉と瞼板の付着に緩みが生じる。(腱膜性眼瞼下垂)

眼瞼下垂の段階

眼瞼下垂の治療方法

主な治療法は手術です。先天眼瞼下垂で視機能の発達に差し支えるならば、早期治療が望ましいでしょう。後天性のものでも老人性やハードコンタクトレンズの長期装用による場合は、手術になります。
また症状の状態によっても治療方法が異なり、以下の様な様々な方法があります。

  • 拳筋前転法:剥がれてしまった拳筋腱膜と瞼板とを固定する方法。
  • 拳筋短縮法:筋肉の切除や、そのまま重ね合わせる方法。
  • 経結膜的眼瞼拳筋短縮術:拳筋短縮法を表面からではなく、結膜側(瞼の裏側)から切開する方法。
  • 前頭筋吊り上げ術:眼瞼拳筋が機能しない場合の処置法で、前頭筋の力を眼瞼後葉に伝えて開瞼させる方法。
  • 上眼瞼切開穂法:皮膚の弛緩による下垂に対して、余分な皮膚を切開する方法。

眼瞼下垂手術後について

瞼は腫れやすい組織の為、手術後一時的に腫れたり、紫色に内出血することもありますが、1〜2週間で戻ります。
手術後1〜2週間で抜糸します。

眼瞼下垂について
初めての方はこちらへ
白内障・硝子体手術 ご自宅でゆっくりと静養できます!!
「白内障」について
「糖尿病網膜症」について
「緑内障」について
「加齢黄斑変性」について
「眼瞼下垂」について
眼科一般治療
安心な眼科手術 レーザー治療
小児治療
メガネ処方・コンタクト検査
院長のあいさつ
医師・スタッフ紹介
院内紹介・設備
よくある質問
アクセス・診療時間
外来担当医表
天白コンタクトレンズ
ネットワーク紹介