HOME > 緑内障について

緑内障について

緑内障とは

緑内障は、何からの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気で、眼圧の上昇がその病院の一つと言われています。
日本人の失明の原因疾患第1位は緑内障であり、治療せずに放っておくと失明につながる恐れがあります。
40歳以上に多い病気で、40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障と言われており、その数は年々増えています。

緑内障の自覚症状

緑内障はほとんど自覚症状がないまま進行していきます。 緑内障のタイプによっては、頭痛や吐き気が現れることもありますが、多くの場合は自分では気づかないので、40歳を過ぎたら定期的に眼科の検診を受けることをお勧めします。

見え方の変化

緑内障の種類と原因

緑内障にはいくつかの種類があります。眼圧が高くなる原因によって主に原発緑内障、発達緑内障、続発緑内障に分けられ、原発緑内障や続発緑内障はさらに開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障に分けられます。

原発開放隅角緑内障:
房水の出口である線維柱帯が徐々に目詰まりし、眼圧が上昇します。ゆっくりと病気が進行していく慢性の病気です。

正常眼圧緑内障:
眼圧が正常範囲(10~21mmHg)にも関わらず緑内障になる人がいます。これを正常眼圧緑内障と呼び、開放隅角緑内障に分類されます。近年行われた全国的な調査の結果から、緑内障の約7割が正常眼圧緑内障であり、また欧米にくらべて日本人に多いことがわかりました。

原発閉塞隅角緑内障:
隅角が狭くなり、ふさがって房水の流れが妨げられ(線維柱帯がふさがれて)、眼圧が上昇します。慢性型と急性型があります。

発達緑内障:
生まれつき眼内の水の流れ路が未発達であることから起こる緑内障です。

続発緑内障:
外傷、角膜の病気、網膜剥離、目の炎症など、他の目の疾患による眼圧上昇や、ステロイドホルモン剤などの薬剤による眼圧上昇によっておこる緑内障です。

視神経の障害は、その人が耐えられる眼圧より高い場合に引き起こされます。
目の中では房水といわれる液体が絶えず産生されており、房水はつくり出された分だけ、シュレム管という排水口を通じて眼球の外に排出されます。しかし、シュレム管の排出能力が落ちると、逃げ場を失った房水は目の中にとどまり続け、その結果、目の内部にかかる圧力(眼圧)が上昇します。必要以上に高い眼圧は、目の神経を圧迫して、視機能にダメージを与えてしまいます。

緑内障の種類と原因

早期発見・早期治療が大切です!

多くの場合、自覚症状がない緑内障に対して、最も重要なことは「早期発見・早期治療」です。一度障害された視神経を元に戻す方法はなく、病期の進行をくい止めることが目標となります。
従って、できるだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。

緑内障の治療方法

上記に記述したとおり、一度障害を受けた視神経は元には戻らないため、緑内障を完治させることはできません。
そのため、緑内障の治療は、視神経がダメージを受けてこれ以上視野が狭くならないように、眼圧を下げることが基本となります。

緑内障の検査

緑内障は、眼圧検査、眼底検査、視野検査等で診断されます。定期検診等でいずれかの検査に異常があった場合、必ずもう一度眼科医の診察を受けるようにしましょう。

眼圧検査:
直接、目の表面に測定器具をあてて測定する方法と目の表面に空気をあてて測定する方法があります。緑内障治療経過を確認するための重要な検査です。

眼底検査:
視神経の状態をみる為に、視神経乳頭部を観察します。視神経が障害されている場合、陥凹(へこみ)の形が正常に比べて変形し、大きくなります。緑内障発見のための必須の検査です。

視野検査:
視野の欠損(見えない範囲)の存在の有無や大きさから緑内障の進行の具合を判定します。

点眼薬による治療

眼圧を下げる効果のある目薬を点眼します。具体的には、房水の産生を抑える効果がある薬や、房水の流出を促す効果がある薬を点眼して、眼圧を低下させます。元々眼圧が高くない人でも、眼圧を下げることによって、病気の進行を抑えることができます。

外科的療法による治療
緑内障について
初めての方はこちらへ
白内障・硝子体手術 ご自宅でゆっくりと静養できます!!
「白内障」について
「糖尿病網膜症」について
「緑内障」について
「加齢黄斑変性」について
「眼瞼下垂」について
眼科一般治療
安心な眼科手術 レーザー治療
小児治療
メガネ処方・コンタクト検査
院長のあいさつ
医師・スタッフ紹介
院内紹介・設備
よくある質問
アクセス・診療時間
外来担当医表
天白コンタクトレンズ
ネットワーク紹介