HOME > 小児治療

小児治療

お子様に多い眼病

視力の発育障害について

子どもの目の健全な発達の為には、新生児から日常的に目を使うことが大切です。
この発育する途中で、何らかの理由で「物をくっきり見る」ことが妨げられると、視力の発達は抑えられて止ってしまいます。斜視や屈折異常(遠視、乱視、強度近視、不同視など)があります。また、両目で物を見ることが困難になるか、不完全になる為、弱視になったり、良好な遠近感や立体感がなくなってしまうことがあります。

お子さまの目の障害の兆候

お子さまの眼の障害は外見では分かりにくい為、見過ごされやすくて、なかなか気づくことが難しいのが現状です。個人差はありますが、3歳位になればある程度検査ができるようになります。

お子さまのしぐさや動作、目の外観から下記のような症状が見られたら、何らかの目の障害を抱えているかもしれません。

お子さまが「気づいた時には手遅れ…」という事態を招かない為にも、定期的にしっかり検査を受けるようにしましょう。

小児治療
初めての方はこちらへ
白内障・硝子体手術 ご自宅でゆっくりと静養できます!!
「白内障」について
「糖尿病網膜症」について
「緑内障」について
「加齢黄斑変性」について
「眼瞼下垂」について
眼科一般治療
安心な眼科手術 レーザー治療
小児治療
メガネ処方・コンタクト検査
院長のあいさつ
医師・スタッフ紹介
院内紹介・設備
よくある質問
アクセス・診療時間
外来担当医表
天白コンタクトレンズ
ネットワーク紹介