HOME > 糖尿病網膜症について

糖尿病網膜症について

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症の原因

糖尿病網膜症は糖尿病に付随して現れる病気です。
糖尿病にかかると、血液中の糖分を細胞がうまく吸収できなくなります。血液中の糖分が多い状態が続くと、やがて糖が血管に障害を与えるようになります。目の網膜にある血管は細いので特に障害を受けやすく、血管がつまったり、出血したりするようになります。
元々ある血管が障害を受けて機能しなくなってくると、栄養分などを届けられなくなる為、新しい血管(新生血管)が作られます。この血管はとてももろく、出血や成分の漏れを度々起こします。この状態が、視界がかすむ、視力の低下などの症状の原因になります。
さらに病気が進行すると、網膜剥離や緑内障といった病気を併発し、失明に至ることもあります。

糖尿病網膜症の分類と症状

糖尿病網膜症は、進行の程度により大きく三段階に分類されます。

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症は、自覚症状が出てからでは治療の範囲が限られてしまいます。
糖尿病の診断を受けた人は、自覚症状がなくても、定期的に眼科を受診して頂き、目の健康状態を調べる必要があります。

糖尿病網膜症について
初めての方はこちらへ
白内障・硝子体手術 ご自宅でゆっくりと静養できます!!
「白内障」について
「糖尿病網膜症」について
「緑内障」について
「加齢黄斑変性」について
「眼瞼下垂」について
眼科一般治療
安心な眼科手術 レーザー治療
小児治療
メガネ処方・コンタクト検査
院長のあいさつ
医師・スタッフ紹介
院内紹介・設備
よくある質問
アクセス・診療時間
外来担当医表
天白コンタクトレンズ
ネットワーク紹介